ふくらはぎ つる テーピング

ふくらはぎがつる時のテーピング使用方法

ふくらはぎがつるのを防ぐテーピングの使い方

 

ふくらはぎがつるのを予防するためには様々な方法がありますが、一つにテーピングもあります。

 

テーピングとはスポーツなどで用いられ、ギプスのように関節をガチガチに固めるのではなく、無理な力が加わってもひどい障害になるようなことはないように関節の動きを制限することでケガや傷害を予防し、再発を防ぐ目的で行われます。

 

こむら返りを予防するためには、ふくらはぎの筋肉の負担を防ぎ、疲労からつることが無いようにテーピングを行います。

 

その方法は、足首を直角にしてかかとの下からひざの裏に向かってまっすぐに1本貼り、かかとの下で1本目と重ねるように貼り、ひざの内側に向かってV字のように2本目を貼ります。

 

さらに、かかとの下で1、2本目と重ねるように貼り、今度はひざの外側に向かって3本目貼ります。

 

ちょうど下向き矢印のようになります。

テーピングを行う際の注意点について

テーピングはしわやたるみがあると、せっかくの負担を軽減させる効果が発揮されない可能性があります。

 

そうならないためにも、テープは一部をつまむのではなく、人差し指・中指・薬指を使って大きく持ち、テープの張りが一定になるように引き出しましょう。

 

また角からはがれていきやすいので、角を切り取り丸くすると、はがれにくくなります。

 

薬のような副作用はもちろんありませんが、テープ剤で起こりやすいのは「かぶれ」です。

 

かぶれやすいのはテープの両端なので、テーピングを貼るときはテープの最初と最後を1cmほど浮かせて、真ん中から貼ります。

 

そして、最後に浮かせた部分を押さえるように、ゆっくりと貼りましょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ